千葉市稲毛区の穴川商店街にある動物病院です。丁寧な診察をモットーとしています。

2020/05/27 お礼とお知らせ

当院では緊急事態宣言中は完全予約制で診療してきました。
ご不便もあったでしょうが、皆様のご協力に感謝いたします。

宣言解除後はやや緩和した診療形態を計画していますが、もうしばらく様子を伺い6月上旬からの変更を考えています。

新型コロナウイルス感染症は疫学的に不明な部分も多く注意が必要なため、今後も完全に今までの診療形態には戻らないと思いますがご理解ください。

毎年、春は犬のフィラリア検査と狂犬病予防接種があるため診療が混み合い、一般診療に影響が出やすい状況になっていました。

フィラリア検査は、前年の最終感染月である11月から6ヶ月程の期間を置いて検査することが望ましいため、全ての犬の検査時期が5月に重なり病院は混み合います。

フィラリア予防薬の通年投与は、気候温暖化による感染時期拡大に有効なだけでなく、検査を省けることもあり、当院では数年前からお勧めしています。
ただし、滴下型のフィラリア予防薬を使用される場合は、金額増になるため積極的にはお勧めしていません。

狂犬病予防接種は、千葉市においては3月中旬〜6月末までが接種期間と説明しています。

皆様のご協力のおかげで、フィラリア検査数が減り、狂犬病予防接種の時期をずらしていただき、そのおかげで診療の混雑が幾分か緩和され、緊急事態宣言下の今年もなんとか忙しい5月を乗り越えられそうです。

それでも時間が作れずに数件の新規患者さんの診療予約をお受けできず、心苦しく思っております。
申し訳ありませんでした。

また、この状況をご理解いただき今年からフィラリア予防薬の通年投与を採用された飼主さんが何件もあり、皆様のお気持ちに本当に感謝します。
これで来春の5月は一般診療により時間が作れると思われます。

毎月の体重測定や診察時に会えていた飼主さんや動物たちも、自粛期間中は来院をなるべく控えていただき本当にありがとうございました。

今まで通りではないですが、今後はより時間を作ることができそうなので、また皆さんに会えることを楽しみにしております。
(予約制ではありますが・・・)。

2020/04/06 緊急事態宣言下の当院の対応について

新型コロナウイルスの拡大に伴う緊急事態宣言下の当院の対応について

必ず最後までお読みください。
また下段の「4月の臨時休診」と「重要なお知らせ」を未読の方は、そちらも必ずお読みください。

当地域において緊急事態宣言が発動されましたので、日本獣医師会からの提案に則り当院でも下記の対応を行います。

★密集対策:混み合う時は屋外で待機していただきます。完全予約診療制にします。
★密閉対策:ドアや窓の開放を行います。
★密接対策:診療時間の短縮にご協力ください。

その他:適宜消毒を行っています。飼い主の方に発熱や咳などの症状がある場合は、代理の方に動物を連れてきていただくようお願いします。

具体的な対応策

[来院前]
・動物病院に来るまえに必ず電話で相談してください。
・病状が緊急でないなら電話診療のうえ診療の指示指導をします。
・緊急な治療が必要な場合のみ、電話で予約を取った後に来院してください。

[来院時]
・電話で予約を取ってください。
・その際には、動物の容体のほか、飼い主さん自身の健康状態、海外渡航歴、新型コロナウイルス感染症の感染者との接触の可能性についても教えてください。
・健康な成人1人のみが、動物に同行してください。
・動物の搬送には移動用ケージを用い来院してください。
・自家用車などを利用し、公共機関は利用しないでください。
・マスクを着用してください。
・来院後はスタッフの指示に従っていただき、指示があるまで屋外で待機してください。
・院内に入る前に手指の消毒をお願いします。
・常に他の人から最低2メートルの距離をとってください。
・待合室や診察室にある物を触らないでください。
・電子決済が望ましいです。
・スタッフの指示に従わない場合は、診療を見送る場合もあります。

・看護スタッフは基本的に出社禁止にしますので、いつも以上に人手が足りなくなり対応できることに制限があります。
・上記の内容は、その時点の状況や今後の状況により変更の可能性があります。ご了解ください。
・電話での予約や相談が増えていますが、診療中のため電話が取れない場合もあります。申し訳ありませんが再度お掛け直しください。

2020年3月14日
新型コロナウイルス感染が拡大しておりますが、当院でも、当面の間、飼主様の来院回数を減らし院内滞在時間を短縮することで、感染拡大の防止に協力したいと思っております。

継続治療中で体調が安定している場合は、動物を連れて診察しないでも薬のみを処方します。また予防薬を希望される方も、動物を連れて来院されなくても体重と体調が安定している場合は予防薬のみを処方します。

院内での飼主様の滞在時間短縮のため、事前にお電話をいただければお薬を準備しておきます。

現在、特例措置により、アニコム保険とアイペット保険に加入の方は、継続治療の場合に限り動物を連れていなくても保険が使えます。その際は保険証を持参してください。詳しくは各保険会社に確認してください。

ワクチンで来院予定の方は、ワクチン接種をしばらく延期しても大丈夫な場合が多いので、この状況が落ち着いてから来院してください。子犬子猫の初年度ワクチン接種の場合は電話でご相談ください。

なお、特別な場合を除きお薬やフードの宅配便での配送はお受けしません。

皆様のご理解ご協力をお願いいたします。
●現在も診察は通常通りに行なっております。午前の診察は9時〜12時、午後の診察は4時〜7時です。診察終了間際に来院される方が増えてきて、休診時間中の手術や検査に影響が出る状況になっております。スタッフの休憩時間も確保しにくくなってきておりますので、診療時間内に診察が終わるように早めに来院なさってください。皆様のご協力を強くお願いいたします。状況によっては、診療時間内に来院されても診察をお断りする可能性もご了承ください。

●治療薬の処方は今までは最長で1ヶ月分でしたが、当面の間は体調が安定している場合は最長で2ヶ月分の治療薬を処方できます。予防薬は今まで通り最長1年分まで処方いたします。お薬の在庫の問題もあるので数日前にご連絡いただいた方が安全です。

●狂犬病予防接種の時期になりました。毎年接種している子は6月末までに狂犬病予防接種をすれば大丈夫ですので、今後の状況をみながら接種時期を判断してください。未接種の子は、生後3ヶ月以上の場合は飼育開始から1ヶ月以内に接種しなければいけませんので、該当する子は接種をお勧めいたします。

●5月からフィラリア予防が始まります。
(通年投与中の場合)・・・体重に合わせた予防薬をお渡しいたしますので、飼主様のみの来院でも大丈夫です。事前にご連絡をいただければ準備しておきます。
(通年投与でない場合)・・・フィラリア予防薬の処方時には血液検査が必要になります。5月になったらワンちゃんを連れて来院してください。病院が混み合う時期ですので時間に余裕をもって来院してください。

 

2014/01/17 ホームページリニューアル

穴川オレンジ動物病院のホームページがこのたびリニューアル致しました!

URLが変更のになりましたので、「お気に入り」や「ブックマーク」されている方は変更をお願いします。

地域の頼れるホームドクターとして

当院は2006年に千葉市稲毛区の穴川商店街に開院しました。小さい病院ですがスタッフ一同、皆さんのホームドクターになれるよう丁寧な応対を心がけています。また、病院に入った時に感じる不安感を少しでも和らげるため、明るい雰囲気の待合室、診察室にしています。病気、ケガ、飼い方相談などの、心配・不安な事・疑問点があれば何でもお気軽にご相談下さい。